葬儀の事は不安が一杯です。不安を1つでも解消する為に葬儀についての知識をつけましょう

あっと葬儀のトップページ

2014/10/22 更新

葬儀社を選ぶ為のコツ

葬儀社は東京や埼玉の葬儀社に関わらず、全国に沢山あります。しかし、全ての葬儀社が良心的とは限りません。皆さんが悲しみの中それを狙って、商売をしようとする悪い葬儀社がいるのも事実です。故人を安らかに送る為にもこのような葬儀社を選ばないようにしたいですね。

連絡をする前に

どのようにするのかを考える

まず、連絡をする前に、自分がどのような葬儀にしていきたいのかを考えます。そして、どのような基準で葬儀社を選んでいくのかを、はっきりとしたイメージではなくても大丈夫ですので、とりあえずイメージを持っておく事が大切です。

残ってしまった家族のこれからを考えて、あまりお金をかけないように、出来るだけ簡素化をしていく形式にするのか、または、故人に対する社会的な見方を重視して、幅広く故人を告別できるような形式にしていくのかなど、葬儀の形式や種類だけでも色々なものがあるのですが、始めは、残された家族や故人が関わってきた全ての人に納得してもらえるような葬儀をイメージしてみて下さい。

他の業種と同じように、葬儀社もそれぞれの会社で特色があります。ですので、選ぶ基準と言うのは人それぞれになります。値段が安い事を基準に選んでいる人もいれば、値段よりも内容の充実さを基準に選んでいる人もいます。祭壇とか棺などの見た目などにこだわるのか、細かい丁寧な対応を求めていくのか。どんなに葬儀社を利用した経験がある人に良い所を紹介してもらっても、そこの葬儀社が必ず自分も満足できる所とはかぎりません。逆にシックリこない事もあると思います。シックリこないまま誰かが良いと言ったからと言う理由で選んでは後悔をしてしまいます。そうならない為にも、しっかりと、自分の中で基準を持っておきましょう。そうすれば、後悔することなく葬儀社を選ぶ事ができます。
そうして、自分でどうしていきたいのか等が具体的に固まっているのでしたら、それに合うような人数やスタイル、予算などを希望を話して、プランの見積もりをもらうようにしましょう。
さらに、もしもの時に家族以外の人も納得してもらう為に、家族の意見をきたり、親戚の人の意見をきいたりして、文章などにしておくといいでしょう。

最低限の知識は必要です

前から葬儀に対しての正しい知識を持っていれば、自分が希望するような葬儀を行う事ができます。
何も、準備などをしていない状態でやっては、どんなに良い葬儀社と葬儀の担当者を見つける事が出来たとしても、満足度はなかなか上がりません。やはり、かかるものは、かかってしまいますので、普段から少しずつ自分で調べていたり、いくつかの葬儀社を比べたりしてサービスや相場などを知っておくようにしましょう。サービス満足の葬儀を探すのも重要なポイントです。

なるべく事前相談をしましょう

できれば事前相談をしておくようにしましょう。急に必要になってから選ぶのでは、頭を落ち着かせる事ができませんので、トラブルの元になってしまったり、後から後悔をしてしまう事になってしまいます。ですので、事前に葬儀社を比べていく事で、担当者の良い・悪いがだいたい分かるようになります。見積もりをもらったり、情報をあつめることで、比較検討をしていけば、いざと言うときの契約をする時のトラブルなどを避ける事ができるのです。
また、事前に調べておけば、自分がどのような葬儀にしたいのかを考える事ができるのです。

 

check

明治
http://www.meiji.co.jp/

2015/2/4 更新

次へ→

▲ページトップ

 

ホーム
臨終から納棺まで
お通夜
葬儀社を選ぶコツ
家族葬とは
火葬だけの葬儀
ご意見・ご感想
リンク集

リンクについて

当ホームページはリンクフリーとなっています。どなた様もご自由にリンクを張って下さい。尚、バナーをご利用の方は下のバナーをご利用下さい。

あっと葬儀のバナー

リンクに関しての注意

当ホームページの運営に支障をきたす内容につきましては、リンクをお断りさせていただきます。また、以下のコンテンツを含むホームページからのリンク掲載はお受けしかねますことをご了承ください。
・個人の「誹謗・中傷」などこれに順ずる内容のサイト。
・申請時にリンクが確認出来ないサイト
・訪問者に明らかに不利益をもたらすサイト
・法律に触れるようなサイト

 

Copyright(c)2008 @葬儀 All right reserved