葬儀の事は不安が一杯です。不安を1つでも解消する為に葬儀についての知識をつけましょう

あっと葬儀のトップページ

葬儀を考える

葬儀と言うのは出来ればやりたくない事です。しかし、人間はいつかは亡くなってしまいます。
それはいつになるのかはだれも分かりません。もし、神様がいるのでしたら、神様がしか分からないのかもしれません。
葬儀はいつするのかがわかりませんので、突然必要となってきてしまう事もあります。
そんなとき、葬儀の事に関して何も知らなければどうしようもありません。さらに、身内が亡くなってしまうと、その悲しみから落胆してしまい、葬儀の事なんて考える事も出来なくなってしまいます。
できればそうなる前に葬儀について調べましょう。葬儀会社も埼玉や東京問わず全国にあります。ですので、必要となる前から少しでいいですので、知識をつけておく必要があるのです。

そんな事を言うと、葬儀の話をするなんて縁起が悪いと思う人もいるかもしれません。しかし、そんな事だけを言ってはいられないのです。

葬儀は後悔したくない

葬儀と言うのは、1人の人に対して人生で一度しかできません。しかし、この一度だけしかない自分の葬儀は自分で見る事はできないのです。ですので、故人が気持ちよく行けるように、残された人たちは、遺族が後悔しない為の葬儀を行う必要があるのです。
はじめて、葬儀を行う時は、何をしていいのか、何からしていいのか全くわかりません。だからと言って、葬儀社だけにまかせて進めていくと、絶対に満足のいく葬儀をする事はできないのです。自分たちの要望や、意見も出しながら葬儀の準備はしていかなければいけないのです。
ですので、簡単にでもいいので、何度か葬儀をイメージしてみましょう。どのようにしていくのか、人数はどのくらいになるのかなどを頭でイメージしてみるのです。そうすれば、知識がなくても提案や、意見を言う事ができます。この時細かくイメージしなくて良いのです。大まかな葬儀をイメージするのです。

故人らしい葬儀

最近での葬儀は昔のような形式的な葬儀だけでなく、故人らしい葬儀を行う所が増えてきました。
例えば、生前故人が好きだった、曲を葬儀の時に流したり、故人が好きな洋服を葬儀で着させたり。
また、祭壇も好きな花を飾ったり、この花で色々な形を作っています。まさに芸術ともいえるような祭壇となってきているのです。このように葬儀が変わってきているので、故人らしい葬儀を行う事ができるようになってきました。
やはり葬儀は故人の為に行われますので、出来るだけ故人らしい葬儀にしていきたいですよね。

最近の葬儀事情

昔なら葬儀と言えば、故人の家族や、親戚、会社の関係者や、生前親しかった人など、大勢の弔問者が訪れる物でした。しかし、最近の葬儀は、火葬だけを行う葬儀や、家族など、ごく親しい親戚だけの少人数で行う葬儀など、葬儀の規模も内容も大きく変わってきました。この葬儀のやり方は、どれが正しいと言うものはありません。故人が生前にどのようにして欲しいと言う願いがあればそのように葬儀を行っても良いですし、遺族の人たちで話し合った結果、どの葬儀にするかを決めてもいいと思います。一番大事な事は、故人をどのような気持ちでお見送りをするかだとおもいます。

注目サイト

医療用ウィッグを買う
スタンド花 東京

▲ページトップ

ホーム
臨終から納棺まで
お通夜
葬儀社を選ぶコツ
家族葬とは
火葬だけの葬儀
ご意見・ご感想
リンク集

リンクについて

当ホームページはリンクフリーとなっています。どなた様もご自由にリンクを張って下さい。尚、バナーをご利用の方は下のバナーをご利用下さい。

あっと葬儀のバナー

リンクに関しての注意

当ホームページの運営に支障をきたす内容につきましては、リンクをお断りさせていただきます。また、以下のコンテンツを含むホームページからのリンク掲載はお受けしかねますことをご了承ください。
・個人の「誹謗・中傷」などこれに順ずる内容のサイト。
・申請時にリンクが確認出来ないサイト
・訪問者に明らかに不利益をもたらすサイト
・法律に触れるようなサイト

 

Copyright(c)2008 @葬儀 All right reserved